国立北京中医薬大学日本校は中国政府が認める唯一の海外校です。

 日中国交の中で輝かしい教育遺産として誕生した「国立北京中医薬大学日本校」は、国交30年目となる2002年に大きく飛躍する新体制を組織しました。

 本校の前身は、平成3年(1991年)11月に設立された「北京中医薬大学継続教育日本分校」です。日本の伝統医学志向の強まりと中国の中医薬の国際化の施策が合致して生まれたもので、日本における初めての伝統医学の大学教育機関となり、300余名の卒業生を送り出してきました。

 その日本分校10年の実績の上に、更なる本格的教育新体制を打ち立てるために組織され、生まれ変わったのが、新「国立北京中医薬大学日本校」です。本校は、従来の3年制の継続教育(社会人教育)のみであった継続教育日本分校から北京の本校と同一の学部教育、薬膳、医学気功学を含む大学として再出発することになりました 。

 日本には、伝統的な漢方医学があります。しかし臨床中心の治療医学であり、医学教育体系の欠落がありました。中国伝統医学の中医学は、その欠落を埋めるに十分な世界三大医学の中でも最高の権威ある医学です。本校はその医学教育体系を日本で行うという画期的役割を果たすことになりますが、このことは伝統医学教育を渇望している多くの勉学の徒に大きな希望を与えることになるのは必定です。

 国立北京中医薬大学は、中医薬大学27校のうち唯一国立校であり、政府直轄校として特別功労者「老中医を」をはじめ多くの優れた教授陣を配しており、過去継続教育日本分校には70名の教授が来日し、教鞭をとりました。

 世界保健機構(WHO)の指導理念は伝統医学の生活化であり、その中核を成す「中医学」の国際化は一層拡大普及しております。国立北京中医薬大学日本校は日本で最高の中医学を学べる大学であり、また日本に存在する唯一の伝統医薬大学です。皆様に大いに日本校を役に立てていただくことを願い、国立北京中医薬大学日本校に学ばれることを心から歓迎いたします。



 当病院は1982年(昭和57年)開設以来、「身体」を詳細に分析して見つめる西洋医学を中心に、「気」を中心とする中国医学、そして「心」の治療を取入れ、この三本柱としたホリスティック医療を実践していくことを目的として、癌などの難病の治療に大きな成果を上げております。
 患者さんの病気を診るのではなく、患者さんを診る。そして患者さん自ら病を治す手助けをすることを信条とした病院であります。

 設  立:昭和57年(1982年)
 診療科目:内科・外科・整形外科・放射線科・理学療法科・人間ドック
 特殊外来:脳外科・腎臓及び内分泌外来・乳腺外来・漢方外来
 病 床 数:99台
 診療スタッフ:医師15名、看護婦40名、パラメディカルスタッフ約50名

 

〒350-0025 埼玉県川越市並木西町1-4 Tel:0492-35-1981 Fax:0492-35-8063

帯津三敬病院ホームページ





4月

春期生(4月入学)オリエンテーション
授業開始、履修科目登録
国際中医薬膳師能力認定試験(春期)

5月

秋期生(10月入学)募集開始

6月

3年秋期生(10月入学)卒業総合試験対策セミナー
国際中医師試験受験対策セミナー

7月

3年秋期生(10月入学)卒業試験
秋期生(10月入学)入学説明会

8月

夏休み
特別講座多数開催
夏期短期研修プログラム(臨床実習、日本国内または北京本校付属病院)

9月

授業開始、履修科目登録
1年秋期生(10月入学)卒業試験
国際中医薬膳師能力認定試験受験対策セミナー(秋期)
卒業式(1年・3年秋期生)

10月

秋期生(10月入学)オリエンテーション、授業開始
国際中医薬膳師能力認定試験(秋期)
秋期海外短期研修プログラム
  (臨床実習、日本国内または北京本校付属病院)

11月

春期生(4月入学)募集開始
国際中医師・鍼灸医師能力認定試験

12月

国際試験合格発表会
年末年始休み

1月

授業開始(4月入学)入学説明会

2月

3年春期生(4月入学)卒業総合試験対策セミナー

3月

1年・3年春期生(4月入学)卒業試験
春期海外短期研修プログラム
  (臨床実習、日本国内または北京本校付属病院)
国際中医薬膳師能力認定試験受験対策セミナー(春期)
卒業式(1年・3年春期生)

上記のほか、一日体験入学(無料)実施、
個人による北京本校付属病院臨床実習サポートは随時対応





1956年
  「北京中医学院」(Beijing College of Traditional Chinese Medicine)本校設立
1991年8月
  「北京中医学院継続教育日本分校」設立の協議議定・調印
1991年10月
  第1期生入学
1992年12月
  社会人教育部併設
1993年
  本校の名称が「北京中医薬大学」(Beijing University of Traditional Chinese Medicine)
  に変更され、総合大学となる
1994年12月
  第1期卒業生誕生(32名)
1995年11月
  北京本校にて海外校初の卒業式開催(第2・3期生)
1996年5月
  第1回国際中医師・鍼灸医師能力認定試験開催(主催:中国国家中医薬管理局)
  (以降毎年1回開催)
1996年9月
  北京本校40周年記念祝典開催
1997年9月
  日本分校第1期大学院修士課程・師弟伝授教育課程開講
1999年7月
  第2回国際薬膳学術シンポジウム開催(中国中医薬学会共催)
2002年3月
  新法人組織日中伝統医学協会発足、校名を北京中医薬大学日本校と改め、教育事業運営
2002年4月
  在校生サポート開始、21期生(平成14年10月生)募集開始
2002年5月
  新組織発足「日中国交回復30周年・国立北京中医薬大学日本校開講式典」記念行事開催
2002年10月
  国際中医薬膳師認定試験実施
  第2回国際中医薬教育シンポジウム開催(北京)
2003年9月
  世界中医薬学会開催(北京)
  世界中医薬学会連合会発足(国際中医師・鍼灸師能力認定試験の主催)
2004年5月
  世界医学気功シンポジウム開催
2005年10月
  日本校第一期専攻科卒業式典(北京本校)
2006年1月
  国立北京中医薬大学日本校提携薬局「北京厚済薬局」開店
2006年9月
  国立北京中医薬大学設立50周年



フロントページご挨拶北京中医薬大学の紹介日本校の紹介
カリキュラム概要中医中薬専攻科中医中薬専攻科通信課程中医薬膳専科医学気功整体専科
研究科(薬膳・気功)中医臨床研究科各コースの特徴講師紹介国際資格認定制度関連施設・団体卒業生のメッセージ
募集要項所在地マップとアクセスリンクもの知り中医学トピックスブログ