日本中医食養学会は1993年に、国立北京中医薬大学日本分校で学んだ諸氏が、日本の中に正しい薬膳、即ち中医学理論に基づいた薬膳を普及させたいとの理想を持って始めたものであります。

 日本中医食養学会の理念、目的、発展は人間の生涯で重要な課題、すなわち「食養」を柱とし、これによって健康維持、病気予防、治療促進、老化防止をする。「食養」は予防(未病を治す)を中心としたもので、食医は治医より格が上であることは、古代中国の文献でも明らかです。

 このような精神を受け継ぎつつ、人々が求めている「健康」を願う心を真剣にとらえ、人類すべてが幸福に暮らせるよう、健康で明るい食生活を提案していきたいものと考えております。

 日本中医食養学会は平成21年に設立15周年を迎え、記念学術大会が虎ノ門パストラルホテルにおいて開催されました。「いま、現代栄養学と薬膳が手をつなぐ」のスローガンのもとに、会員、一般、来賓合わせて300名を超える薬膳研究者が全国各地から馳せ参じ、薬膳に対する人々の関心の高さがあらためて示されました。

日本中医食養学会の主な活動:

<学術活動>
各種薬膳講座、学術研究発表会、学術シンポジウム、薬膳講師養成講座の開催、専門家との交流等

<薬膳指導員認定>
年一回の認定試験実施、セミナー開催、試験問題集発行等

<薬膳アドバイザー資格認定証書の発行>

<各種薬膳料理教室への講師派遣>

<「薬膳、食養」新聞発行>
活動ニュース、薬膳レシピ連載、薬膳グルーブ紹介等

<薬膳関連書籍の出版>
「薬膳ハンドブック『食物性味表』」「学術研究発表要旨集」等

<国内・海外研修旅行>

 以上の活動を行って、人的交流をも含めて、「今を生き抜き、将来への命を育む」ことへ貢献したいと考えております。多くの方のご支援、こ鞭撻を心よりお願い申し上げる次第であります。

 

 現在の日本においては健康に関心が高まり、中医学が社会で果たす役割も大きくなってまいりました。北京中医会は、1999年に北京中医薬大学日本分校の卒業生により設立された同窓会です。いまでは会員数も100名を超え、北京中医会に対する期待も大きくなっています。

 主な活動内容としては、会員に対する中医学の学術普及活動です。毎年研究課題を決め、漢方・針灸・気功治療だけでなく、薬膳からのアプローチも含めた効果を研究しています。また、研究課題についての講演会及び中医学全般に関する講演会を開催するなど、卒業後も中医学の知識を深め、勉強を継続できるような体制を整えています。

 北京中医会では隔月(年6回程度)に会報を発行しています。講演会等に出席できない方のために、会報に講演会の内容を掲載する会員の方からの症例報告を掲載する等、会員の皆様に随時、中医学の情報をお知らせしています。この他、会報では国立北京中医薬大学日本校で開催される特別講演会・北京研修旅行等の情報も掲載しています。

 また、平成17年4月には九州支部も発足し、会員活動の支援を行うことで遠隔地会員間の交流を促進しています。

 今後も北京中医会では、国立北京中医薬大学日本校を卒業後も中医学の情報を提供すると共に、中医学の知識を深め、臨床にお役立ていただきたいと考えております。

<活動計画>
会報の発行(年6回程度)
日本校支援活動(生徒の募集協力等)
学術交流活動(日本校との合同講演会の開催、症例報告・学術論文の募集等)
地域活動の支援(九州支部の勉強会開催支援など、会員活動の支援)
会員間の交流促進
会員増強活動

       

フロントページご挨拶北京中医薬大学の紹介日本校の紹介
カリキュラム概要中医中薬専攻科中医中薬専攻科通信課程中医薬膳専科医学気功整体専科
研究科(薬膳・気功)中医臨床研究科各コースの特徴講師紹介国際資格認定制度関連施設・団体卒業生のメッセージ
募集要項所在地マップとアクセスリンクもの知り中医学トピックスブログ