設立目的:中医臨床研究科(通信教育含む)では、弁証論治のトレーニングを行う事を目的とし、実際の臨床に応用できるようになって頂きます。
講義方法:現在の中医臨床研究科コースの講義内容をさらに充実させ、一つのテーマ(病名)を月に2回(5時間)に渡って授業をします。1回目では、弁証論治方法及び関連知識を教授が詳しく解説した後、典型的な症例を挙げ、簡単に診断方法と診断のポイントを説明します。2回目の授業では、受講生の皆さんが弁証論治をし、教授の解説と指導を受けます。弁証論治と診断結果の解析、治療原則の決め方、治療方法(薬と処方)の選択など、弁証論治のトレーニングを行い、受講者が実際の臨床に応用できるように指導致します。通信教育の場合は、遠方で通学が困難の方に上記の中医臨床研究科コースの講義内容を録画しDVD(WMV形式)を郵送します。
募集対象:当校中医中薬専攻科(3年制)の卒業生及び、医師、歯科医師、薬剤師、鍼灸師等の医療関係者並びに在学者の方。
修学年限:1ヶ年(隔週日曜日に実施、総時間数50時間)
提出書類: ①入学願書(所定用紙、継続者は継続受講届け)
      ②写真3枚(縦4cm×横3cm、中医中薬専攻科卒業生の方は不要)
      1枚は願書に貼付して、他は裏に名前を明記してください。
 *北京中医薬大学日本校事務局まで直接持参または郵送してください。書類審査により選考する。
 合格者は、合格通知及び学費請求書を受けて2週間以内に学費を納入してください。
学  費:
 入学金:21,600円(消費税込、継続者・中医中薬専攻科の卒業生は免除)
 年間授業料(20回分):108,000円(消費税込)

    

講義のテーマ 担任教授 講義の日程 総時間数
 全身性エリテマトーデス 韓 涛 2017年4月2日、16日 5時間
 強皮症 韓 涛 2017年5月7日、21日 5時間
 鉄欠乏性貧血 韓 涛 2017年6月4日、18日 5時間
 慢性骨盤内炎症性疾患 韓 涛 2017年7月2日、16日 5時間
 ベーチェット病 韓 涛 2017年9月3日、17日 5時間
 C型肝炎 韓 涛 2017年10月15日、29日 5時間
 多汗症 韓 涛 2017年11月5日、19日 5時間
 高齢者の膀胱炎 韓 涛 2017年12月3日
2018年1月21日
5時間
 腫瘍の放射線治療による損傷 韓 涛 2018年2月4日、18日 5時間
 麻木(知覚麻痺) 韓 涛 2018年3月4日、18日 5時間
    
毎回2.5時間×20回×1年(毎月2回原則第1、3日曜日 16:30〜19:00)

入学願書ダウンロード

フロントページご挨拶北京中医薬大学の紹介日本校の紹介
カリキュラム概要中医中薬専攻科中医中薬専攻科通信課程中医薬膳専科医学気功整体専科
研究科(薬膳・気功)各コースの特徴講師紹介国際資格認定制度関連施設・団体卒業生のメッセージ
募集要項所在地マップとアクセスリンクもの知り中医学トピックスブログ