中医中薬専攻科Course Introduction

中医中薬専攻科の特徴

3年コース

POINT1中医学の専門家への早道

中医学は中国の伝統医学ですから、中国の歴史や文化も理解することが中医学を修得するポイントです。西洋医学とは、まったく考え方が異なります。

そのためには、やはり本格的な中医学の授業を受ける必要があります。北京中医薬大学日本校の伝統を引き継ぐカリキュラムのもとで講義を受講できる日本中医学院で勉強をすることは、中医学専門家への早道となります。

また、実際の講義では講師の長年の臨床経験に基づいた、教科書では得られない知識も得ることが出来ます。

POINT2国際中医師受験資格と合格指導を習得

中医中薬専攻科を卒業すると、国際中医師の受験資格が得られます。 国際中医師とは中国政府認定の資格で、日本では医師として仕事をすることは出来ませんが、漢方医として仕事ができる国もあります(それぞれの国の法律によります)。

試験は日本で、日本語で受験することができます(現在は、世界中医薬学会連合会が試験の実施及び認定をしております。世界中医薬学会連合会は、中国政府の認定団体です)。

日本中医学院では受験対策勉強会も行っており、合格にむけてのバックアップ体制も充実しています。  また、中医中薬専攻科を卒業後には、「中医臨床研究科」へ進むことができます。

中医臨床研究科では症例についての検討を行っています。実際の臨床で教科書どおりの症例はまずないとお考えいただいてよいでしょう。臨床経験豊富な教授の話を聞けるチャンスでもありますし、スキルアップを目的とした講座です。

日本中医学院は、日本にいながら、本格的な中医学の講義が受けられる学校です(日本の学校法人ではありません)。集中講義を隔週の土・日曜日に行っていますから、働きながら勉強をすることができます。

カリキュラム 普通科

総時間数:2500時間(集中講座 500時間 自宅学習 2000時間)

科 目 総時間数 集中講座 自宅学習 取得単位
中医基礎理論 280時間 56時間 224時間 12
中医診断学 280時間 56時間 224時間 12
中薬学 304時間 64時間 240時間 12
方剤学 304時間 64時間 240時間 12
中医内科学 (弁証論治トレーニングを含む) 480時間 96時間 384時間 28
中医婦人科学 230時間 40時間 190時間 6
中医小児科学 114時間 16時間 98時間 6
中医外科・皮膚科学 240時間 40時間 200時間 6
鍼灸学 240時間 40時間 200時間 6
臨床見学・実習 28時間 28時間 - -
合計時間 2500時間 500時間 2000時間 100

集中講座約500時間(理論講習・臨床見学・実習)

中医学は中国の伝統医学ですから、中国の歴史や文化も理解することが中医学を修得するポイントです。西洋医学とは、まったく考え方が異なります。

そのためには、やはり本格的な中医学の授業を受ける必要があります。北京中医薬大学日本校の伝統を引き継ぐカリキュラムのもとで講義を受講できる日本中医学院で勉強をすることは、中医学専門家への早道となります。

また、実際の講義では講師の長年の臨床経験に基づいた、教科書では得られない知識も得ることが出来ます。

募集要項はこちら

カリキュラム 通信科

総時間数:2500時間

科 目 総時間数 集中講座 取得単位
中医基礎理論 280時間 8時間 12
中医診断学 280時間 8時間 12
中薬学 310時間 8時間 12
方剤学 310時間 8時間 12
中医内科学 (弁証論治トレーニングを含む) 480時間 8時間 28
中医婦人科学 230時間 8時間 6
中医小児科学 120時間 8時間 6
中医外科・皮膚科学 250時間 8時間 6
鍼灸学 240時間 8時間 6
合計時間 2500時間 - 100

集中講座中医中薬専攻科本科の集中講座(3年間約500時間)を各科目の最終回(8時間分)聴講可能。 (事前申し込み不要)

中医中薬専攻科本科集中講座時間は、毎月2回、土・日曜日実施
(土曜日 午後5時〜午後8時、日曜日 午前10時〜午後4時

宿題(学科試験) : 約2ヶ月に1回あり、提出必要。
卒業試験 : あり(修了後学校にて行う)

募集要項はこちら