研究科Course Introduction

中医臨床研究科の特徴

現在の中医臨床研究科コースの講義内容をさらに充実させ、一つのテーマ(病名)を月に2回(5時間)に渡って授業をします。1回目では、弁証論治方法及び関連知識を教授が詳しく解説した後、典型的な症例を挙げ、簡単に診断方法と診断のポイントを説明します。2回目の授業では、受講生の皆さんが弁証論治をし、教授の解説と指導を受けます。弁証論治と診断結果の解析、治療原則の決め方、治療方法(薬と処方)の選択など、弁証論治のトレーニングを行い、受講者が実際の臨床に応用できるように指導致します。通信教育の場合は、遠方で通学が困難の方に上記の中医臨床研究科コースの講義内容を録画しDVDを送付します。

講義のテーマ 担任教授 講義の日程 時間
老年性うつ病 韓 涛 2019年4月7日、21日 16:30~19:00
老年性頻尿・夜尿症 呉 晨輝 5月19日、6月2日 16:30~19:00
PMS(月経前症候群) 韓 涛 6月16日、30日 16:30~19:00
体重減少 呉 晨輝 7月7日、21日 16:30~19:00
肝斑 韓 涛 9月1日、15日 16:30~19:00
頭痛 呉 晨輝 10月6日、20日 16:30~19:00
ニキビ 韓 涛 11月17日、12月1日 16:30~19:00
翼状片、ドライアイ 呉 晨輝 12月15日、2020年1月19日 16:30~19:00
慢性関節リウマチ 韓 涛 2月2日、16日 16:30~19:00
痔瘻(痔核) 呉 晨輝 3月1日、15日 16:30~19:00

中医薬膳研究科の特徴

「中医薬膳研究科」は弁証施膳トレーニングを中心に月2回(年間20回)実施。患者の食事指導に日々精を出している講師が担任します。先生が出題したケースについて受講生が弁証施膳を考案します。毎回1〜2名の受講生に弁証の考え方を詳しく述べていただくとともに、組み立てたレシピを発表していただきます。これに対して講師が解説と指導を行い、参加者からの質問にも答えます。

内容

1. 症例の分析及び 関連知識の復習
2. 診断方法と診断のポイント
3. 弁証論治と診断結果の解析
4. 治療原則の決め方
5. 治療方法の選択: 献立の決め方及びその解析、食品の選び方
ディスカッション、他の治療方法の併用(食生活指導/薬)

※9、12月に変則あります。

テーマ 担任教授 講義の日程 回数
鼻炎・花粉症 桜 林 令和2年1月25日 1回
阪 口 令和2年2月8日 2回
腰痛・首/肩こり 桜 林 令和2年2月22日 3回
阪 口 令和2年3月7日 4回
泄瀉 桜 林 令和2年3月21日 5回
阪 口 令和2年4月11日 6回
肝機能障害 桜 林 令和2年4月25日 7回
阪 口 令和2年5月9日 8回
生理痛 桜 林 令和2年5月23日 9回
阪 口 令和2年6月13日 10回
骨粗鬆症 桜 林 令和2年6月27日 11回
阪 口 令和2年7月11日 12回
美容・美肌 桜 林 令和2年7月25日 13回
阪 口 令和2年9月12日 14回
胃痛 桜 林 令和2年9月26日 15回
阪 口 令和2年10月10日 16回
不妊症 桜 林 令和2年10月24日 17回
阪 口 令和2年11月7日 18回
頭痛・高血圧 桜 林 令和2年11月21日 19回
阪 口 令和2年12月12日 20回

医学気功研究科の特徴

「医学気功研究科」では、医学気功整体専科の卒業生を対象に、経験豊富で人気を集まっている宋海君先生による、外気治療の実践及び気功の治療法など、少しずつ指導を受けることができます。また、他の治療方法の併用(整体治療及び生活指導など)、代替治療方法の検討及びその比較などのディスカッションも行います。

内容

1.功法類
(1)龍鳳掌 (2)鶴舞練気訣 (3)易筋経 (4)五行採気訣 (5)吐納外気訓練法
2. 気功外気診断学
(1)掌像診断法 (2)指象診断法 (3)身感診断法 (4)経絡診断法 (5)遠距離診断法 (6)看光診断法 (7)第三眼診断法
(8)図像診断法 (9)電話診断法 (10)姓名診断法 (11)病因診断法
3. 気功外気治療概論
(1)気功療法の特徴と範囲 (2)臨床における原則 (3)気功外気理論 (4)気功外気の注意事項
4. 外気治療法
補法、瀉法、聚法、散法、局部治療法、整体治療法、点穴法、経絡法等
5. 伝統治療法
符水法、符字法、念力法、唐代祝由十三科、千里治療法、咒術法等
6. 外気治療各論
128種類弁証気功対症法

※3月・11月・12月に変則があります。

  上級クラス
(第一土曜日)
中級クラス
(第二土曜日)
初級②クラス
(第三土曜日)
初級①クラス
(第四土曜日)
1 2020年1月4日 2020年1月11日 2020年1月18日 2020年1月25日
2 2020年2月1日 2020年2月8日 2020年2月15日 2020年2月22日
3 2020年2月29日 2020年3月7日※ 2020年3月14日※ 2020年3月21日※
4 2020年4月4日 2020年4月11日 2020年4月18日 2020年4月25日
5 2020年6月6日 2020年5月9日 2020年5月16日 2020年5月23日
6 2020年7月4日 2020年6月13日 2020年6月20日 2020年6月27日
7 2020年9月5日 2020年7月11日 2020年7月18日 2020年7月25日
8 2020年10月3日 2020年9月12日 2020年9月19日 2020年10月24日
9 2020年10月31日 2020年10月10日 2020年10月17日 2020年11月21日※
10 2020年12月5日 2020年11月7日※ 2020年11月14日※ 2020年12月19日※

中医推拿研究科の特徴

当校は、2013年4月から医学博士李 玉棟先生より『心と体、中医推拿療法』、『運動器系疾患の中医推拿療法』『中医学の理論と実践』などの講座を開設しております。中医学と現代医学の知識を踏まえ、統合医学的に本質を追及し、オープンディスカッション形式での授業は好評されております。他のコースに通われている方々にも推拿の実技を履修できるように、引き続き2018年4月からは『現代医療との統合と心身医療(理論編)』及び『推拿実技の基礎と応用(実技編)』を開講致します。理論中心と推拿実践の授業を分け、理解を深めるという内容です。

内容

1)最新の現代医学の解剖・生理学教科書を基に、絵と図表を使い、人間の基本的な構造と機能及び命を営むメカニズムを分かり易く説明する。

2)実例を通して、中医学と現代医学の治療思想の異同を分析するにより、中医学の癒病理由は病因・病位・病理以外、人の自我治癒能力の重視する思想を理解し、即ち、中医学は疾病医学より健康医学、物質科学より生命科学、知識論より実践論である。

3)「養生・治病は本を必ず求む」と謂われ、その本は何ですか、《素問》曰:“善言天者、必応于人。善言古者、必験于今。”気功推拿などの実践しながら身体の納得も重視する。 アカデミー的に(理論)と実践的に(体感)両方面を確認しながら有志な方々と一緒にopen discussionのかたちで行う予定です。興味がある方々は奮ってご参加ください。

回数 内容①:現代医療との統合と心身医療(理論)
第1日曜日(4・11・12月は第3)
回数 内容②:推拿実技の基礎と応用(実技)
第3日曜日(4月は第5・12月は第1)
1 2019年4月7日 2 2019年4月21日
3 2019年5月19日 4 2019年6月2日
5 2019年6月16日 6 2019年6月30日
7 2019年7月7日 8 2019年7月21日
9 2019年9月1日 10 2019年9月15日
11 2019年10月6日 12 2019年10月20日
13 2019年11月17日 14 2019年12月1日
15 2019年12月15日 16 2020年1月19日
17 2020年2月2日 18 2020年2月16日
19 2020年3月1日 20 2020年3月15日

中医学古典研究科の特徴

日本中医学院(旧北京中医薬大学日本校)は、2011年4月より中医学古典講座(『黄帝内経』と『傷寒論』)を開催し、大変好評を得ております。まだまだ内容が多くありますので、これからも続けて講義したいと思います。そのため、2019年4月よりの中医学古典講座を「傷寒論」を開講いたします。(「黄帝内経」は来年に開講することとなりました)
今までの内容と重複しないので、既に受講された方は、勿論引き続きご聴講頂けますが、初めての方も受けられます。集中講座では聞くことのできない内容を解りやすく解説を受けられますので、中医学の古典のすばらしさを味わって頂くようになります。
一定の中医学と古文の基礎があり、中医学及び中国伝統文化に興味があれば、是非、この講座をご聴講下さい。

内容

『傷寒論』方証相応学説及び臨床応用

『傷寒論』は1700年前、中国漢時代の有名な中医学専門家張仲景氏に書かれ、中医学の一番早い理・法・方・薬を備えた専門著作であり、六経辨証体系を打ち立て、弁証論治の基礎を定め、中医臨床諸科に弁証と治療の法則を提供している典籍です。『傷寒論』に載ってある方剤は今でも広く使われ、「方書の祖先」とも言われています。

日本の有名な漢方医である山本厳・大塚敬節・矢数道明先生達は、中医学を勉強するには『傷寒論』が必読する本であると薦められました。

方証相応学説は始めに『傷寒論』に出られ、後世の医家の実践と発揮により、中医臨床で処方用薬の規律になるまで重要な学説となり、いっそ重要視されています。方証相応学説は方と証の対応性を強調し、主証をつかむことを重視します。「この証にこの方を」と言うことは、中医が疾病を治療する特色と優位で、実用性があります。日本の著名な古方の代表人物であり吉益東洞氏が張仲景氏の方証学説をとても高く評価し、「『傷寒論』に唯方与証耳…医之方也、随証而変」と指摘しています。

方証には、主証・兼証・類証などに分けられます。主証とは、「方証」の本質を反映する特異性な症状を指し、「兼証」とは主証に伴って現れた症状を指し、「類証」とは類似する臨床症状に使い方証です。主証・兼証・類証に対してそれぞれ対応する方剤があります。

『傷寒論』講座は本年度で9年になり、今回をもって、一段落したいと思っているところです。今年度は主に各方証の原文と発病機理、方剤の組成と意義、薬理研究、現代の臨床応用などについて解読します。弁証論治について、受講者の方々に役に立つと期待しています。なお、『傷寒論』を自修する方法も説明していきたいと思っております。

学習目的:
①『傷寒論』の方と証を深く理解し、弁証・弁病のレベルを高めます。多くの現代社会の疾病に、その主証をつかめ、方証相応の考え方によって弁証し、『傷寒論』の処方で治療できます。
②『傷寒論』方剤の薬物・用量・用法を深く理解します。さらに、『傷寒論』方剤の組み合わせるイデオロギーを深く理解でき、臨床の際に処方をするレベルを高めます。

学習内容: 
①概説:『傷寒論』の六経弁証、伝経
②弁太陽病脈証併治:太陽病要綱、太陽病本証、兼証、変証及対応方剤解読
③弁陽明病脈証併治:陽明病要綱、陽明病本証、兼証、変証及対応方剤解読
④弁少陽病脈証併治:少陽病要綱、少陽病本証、兼証、変証及対応方剤解読
⑤弁太陰病脈証併治:太陰病要綱、太陰病本証、兼証、変証及対応方剤解読
⑥弁少陰病脈証併治:少陰病要綱、少陰病本証、兼証、変証及対応方剤解読
⑦弁厥陰病脈証併治:厥陰病要綱、厥陰病本証、兼証、変証及対応方剤解読

一定の中医学と古文基礎をお持ち、中医学及び中国伝統文化に興味があれば、是非、ご聴講下さい。

講義時間 第4日曜日16:30〜19:00
回数 講義の日程
(第4日曜日)
回数 講義の日程
(第4日曜日)
1 2019年4月28日 2 2019年5月26日
3 2019年6月23日 4 2019年7月28日
5 2019年9月22日 6 2019年10月27日
7 2019年11月24日 8 2020年1月26日
9 2020年2月23日 10 2020年3月22日