講師紹介Lecturer introduction

中医中薬専攻科 韓 涛(カン・トウ)  日本中医学院 学長 教授

1965年生まれ,中国北京中医薬大学准教授、副主任医師,大学院研究生指導教官。国立北京中医薬大学日本校教授、中西医学結合免疫学専攻博士。中国国家衛生部中医師免許試験官。中国北京市教育委員会大学教師肩書き認定審査委員会中医薬グループ長。 中華中医薬学会中薬学会分会委員。中国免疫学会終身会員。中華中医薬学会会員。

1997-1998年 日本国笹川奨学金取得 国立金沢大学にて一年間留学「抗癌剤の癌細胞のApoptosisへの誘導」の研究
2013年 日本国針師、灸師、按摩・マッサージ・指圧師免許取得
2004年 国立北京中医薬大学日本校に勤務

数十篇(部)論文(著作)を発表;国からの多項科学研究項目を主管する
現在の仕事:中医薬の教育、研究、臨床に従事
得意分野:免疫疾病の中医薬研究と治療

発表された代表する論文:
 1.中西医結合で重症筋無力症の治療の検討
 2.重筋霊の免疫調節作用とそのメカニズムについての実験研究
 3.重筋霊はEMAG鼠血清IL-4、IFN-rレベルに対する影響
 4.重筋霊はEMAG鼠の免疫調節作用に対する実験研究
 5.不整脈における中医学治療の臨床方剤組成研究
その他多部の著作が出版された。

中医中薬専攻科 呉晨輝(ゴ・シンキ)  日本中医学院 副学長 教授

中国北京出身。
1987年7月北京中医薬大学卒業。
1987年9月中国中医研究院(現中国中医科学院)広安門病院、眼科病院に
内科、鍼灸科、耳鼻科、眼科の研修を経て、眼科に入り、網膜色素変性症、糖尿病網膜症の研究チームを参加、日本患者治療チームメンバー。
1993年主治医師に昇進。
1995年来日。相談薬局店長、学術部教育担当、漢方スクール講師を担当。 教材作り、相談員育成に尽力。
2010年日中医学研究所に入社、学術部長として、中医学の普及、中医学教育、社員教育など担当。
2016年北京中医药大学日本校,講師担当。
2017年北京中医药大学日本校友会理事。
2018年5月日本中医学院(旧北京中医薬大学日本校)教授、副学長、学術担当。

中医薬膳専科 桜林 玲子(サクラバヤシ・レイコ)  日本中医学院 講師

略歴:83年北京中医薬大学卒業、88年中国中医研究院中医臨床文献研究修士取得。中国山西省中医学院講師、中国中医研究院助理研究員を経て、94年に来日。

中医薬膳専科 小金井 信宏(コガネイ・ノブヒロ)  日本中医学院 講師

略歴:99年北京中医薬大学・中医学部卒業。同大学・大学院に日本人として史上初めて合格し、中国政府給費留学生として『傷寒論』の研究に従事し、2002年卒業。著書訳書多数。

中医薬膳専科 梁 蓓(リョウ・ペイ)  日本中医学院 講師

略歴:84年北京中医薬大学卒業、同大学中医営養教育研究室(中国では大学の学科として初設置)の創立に参画、同教研室講師を経て、1989年に来日。日本食養学会相談役、淑徳大学エクステンションセンター講師。
《主な著書》
「科学飲食大全」(共著)新華出版社
「中医老年病学」(老年病の療養)上海医学出版社
「中国食品」(食療食補連載寄稿)中国食品科技情報センター主催雑誌

医学気功整体専科 宋 海君(ソウ・カイクン)  日本中医学院 講師

担任科目:気功実技、気功学基礎理論、医学気功研究科、太極拳(上級コース)

中国邯鄲に生まれ、5歳より祖父母に教えられて伝統気功を始める。7歳の時に邯鄲市武術団に入団。2年後に河北省武術チームに入団。1985年邯鄲医学院を卒業し、市センター医院で医師として勤務。1989年中国精英気功大会気功副団長を経て1992年に来日。翌年より北京中医薬大学日本分校講師。

古典医学気功二十四代目伝人。道家華山派十八代目伝人。唐代医学祝由十三科、祝由師、伝人。

世界医学気功学会理事、ニュージーランド国家武術気功協会名誉主席、中国気功科学研究会特邀会員、中国古典気功研究会会長、河北省軍人気功科学研究会理事、華北軍区気功臨床研究所所長、中国東方硬気功表演団副団長。

国内外で発表した気功学術論文は、50編余りを数える。2006年には世界医学気功学会主催の第5回国際医学気功シンポジウムで優秀論文賞を受賞。

医学気功整体専科 李 玉棟(リ・ギョクトウ)  日本中医学院 講師

1991年北京中医薬大学を卒業、外科医として中国で勤め、その後日本へ留学、2003年順天堂大学医学部大学院を卒業し、医学博士を獲得、日本で中西医学研究所、アトピー疾患研究センター、栄養科学研究所、東京女子医科大学国際統合医科学研究所などを経て、現在、順天堂大学医学部研究員として現代医学で確認した治療が立てない難病の研究をしながら、医学の東西の枠に拘らず、健康と疾患の本質を考えて、難病の対応法・養生法を多方面的に追究しています。
研究者として、《Anticancer Research》, 《International Peadratric 》、《日本東洋医学雑誌》、《日本臨床代替医学雑誌》など英文と和文原著論文・研究論文など多数発表しました。
中国では外科医として、椎間板ヘルニアなどの疾患に対して、主に手術療法を行いながら、伝統医学的な温存法を試みました。日本では鍼灸師の免許を取得し、整形外科の疾患のみではなく、内科疾患・婦人科疾患・小児科疾患など5000人以上の方に経絡整体、推拿治療及び針灸治療など中医的な治療法を行いました。
講師として、中医学的な経絡・推拿以外に西洋医学の解剖学・病理学・一般臨床医学・外科と整形外科の講義を担当しています。

中医薬膳専科 阪口 珠未(サカグチ・スミ)  日本中医学院 講師

薬店・薬膳スクール 株式会社漢方キッチン代表
旧文部省国費留学生として、北京中医薬大学に中医学を学び、同大付属病院にて、臨床、薬膳レストラにて実習を行う。1999年株式会社漢方キッチン設立。東京恵比寿にて薬膳スクールと薬店を経営のかたわら、清代の西太后の宮廷薬膳を研究。企業や自治体でコンサルティング実績も多い。著書に「西太后のアンチエイジングレシピ」「毎日使える薬膳&漢方の食材辞典」「老いない体をつくる中国医学入門~決め手は五臓の腎の力」などがある。
阪口珠未オフィシャルサイト